RECRUIT HOME

ご予約はこちら

ご予約はお電話かWEB予約システムよりお願い致します。

診療時間
10:00〜13:00
15:00〜20:00

▲…土・日午後のみ、14:00〜16:00【休診日】火・祝日

DENTURE

入れ歯(義歯)

歯を失ったままにしない方が
良い理由​

むし歯や歯周病、交通事故やスポーツでの衝突による強い衝撃、転倒によるケガなど、さまざまな原因により歯を失う可能性があります。特に前歯は目立つ箇所であるため、歯が欠けたり折れたり、抜けたりした際はすぐに歯科医院を受診される方がほとんどです。しかし、奥歯は目立ちにくいため、歯を失っても放置する方が少なからずいらっしゃいます。 歯を失った箇所を放置すると、空いたスペースに両隣の歯が倒れ込んでしまい、かみ合う反対側の歯が伸びてくることもあります。 また、咬む刺激が伝わらず、顎の骨が急激に痩せる原因にもなるのです。歯並びやかみ合わせのバランスが崩壊してしまい、全身の健康にまで悪影響を及ぼす恐れがあります。 歯を失った際は決して放置せず、できるだけ早く当院にご相談ください。

当院の入れ歯について​

  • 入れ歯の種類

    • 部分入れ歯​

      欠損した歯が部分的である場合に適用する入れ歯です。残っている歯が一本でもあれば対象となります。

    • 総入れ歯​

      全ての歯を失った時に適用する入れ歯です。歯の部分だけでなく歯肉に接する部分も全て人工物で作製します。

  • 入れ歯の材質

    ノンクラスプ・デンチャー​

    保険診療の部分入れ歯は留具(クラスプ)が金属製であり、口を開けた際に金属が目立ってしまいます。 自然な見た目の美しさにこだわりたい場合は、「ノンクラスプ・デンチャー」のご利用がおすすめです。クラスプ部分が金属ではなく樹脂製であり、歯ぐきの色とほとんど変わりません。装着時に口を開けても入れ歯が目立ちにくく、見た目のストレスがなくなります。また、金属不使用であり、金属アレルギーの患者さまも安心してお使いになれます。
    費用は、義歯 ノンクラスプ 一箇所(税込) ¥44,000、部分床義歯(税込) ¥44,000、全部床義歯(税込) ¥44,000となります。

  • 金属床義歯

    歯ぐきに接する「床(しょう)」部分が金属で作られている入れ歯です。特に金属は熱伝導率が高く、食べ物や飲み物の温度が伝わり、味が分かりやすいというメリットが期待できます。 また、金属のため薄くしても十分な強度が保たれます。入れ歯自体が薄くなり、装着時の圧迫感が少ないことも特徴です。 自費診療のため、作製に必要な費用の負担が増えますが、「食事をおいしく楽しみたい」「入れ歯の圧迫感を減らしたい」などを希望される患者さまには特におすすめの入れ歯です。
    費用は、一箇所(税込) ¥44,000、部分床義歯(税込) ¥44,000、全部床義歯(税込) ¥44,000となります。

  • レジン床義歯​

    歯科用プラスチックであるレジンを使用した入れ歯です。保険診療で作製でき、治療費の負担を抑えることがかのうです。。また、欠けたり割れたりした場合でも、すぐに修理がしやすいというメリットもあります。 しかし、強度を保つために入れ歯に厚みが生まれやすく、装着時のお口の圧迫感やしゃべりにくさを感じる方もいらっしゃいます。
    費用は、一箇所(税込) ¥44,000、部分床義歯(税込) ¥44,000、全部床義歯(税込) ¥44,000となります。

入れ歯Q&A

Q

入れ歯の注意事項を教えてください。

A

入れ歯の素材や治療に関入れ歯は定期的に外してお手入れが必要です。また、慣れるまでは違和感を感じる場合があります。
素材によって費用が異なります。治療期間は1か月、治療回数は4回~6回となります。入れ歯や治療に関して少しでもご不安がございましたら、当院にお気軽にお問い合わせください。

Q

入れ歯を長く使い続けるためにはどうしたらいいですか?​

A

入れ歯は清潔さを保つためにも、毎日の清掃が大切です。当院が正しいお手入れの方法をアドバイスいたしますので、ご自身でも実践できるように一緒にトレーニングしましょう。 また、お口の変化に合わせた入れ歯の調整も必要です。ぜひ定期的にご来院いただき、入れ歯のメインテナンスも行いましょう。

PAGE TOP