一般歯科

歯は歯ぐきの下にある骨でささえられています。歯周病にかかって病気が進んでしまうと、歯ぐきが炎症して、その中で歯を支えている骨がとけてしまいます。 どんなにきれいなかぶせものやつめもの、入れ歯を入れても、その下で支えている骨がなくなると、歯そのものを失ってしまう可能性があるのです。どんな治療 を行うにしてもまずは歯周病対策をおすすめしております。 歯周病対策をしっかり行い、様々なお口の中の問題点を解決してゆきましょう。

一概に虫歯、知覚過敏、かぶせもの、ブリッジ、入れ歯といっても、様々な状況や治療法、治療に使う材料があります。 皆様が状況をしっかり把握して、皆様1人ひとりに合った治療法を選択できるよう、配慮いたします。
共に協力して明るく素敵な笑顔を手に入れましょう!